やりたいことは数年経っても変わらない

どうも、うるぞーです。

数年前に書いた記事を久しぶりに読み返したのですが、その記事の中に「100のやりたいことリスト」の写真を載せていたんですよね。

昔のブログ名『エモーショナルブログ』でした。恥ずかしい…

それを見返していたときに、「昔書いていたやりたいことって結局今でもやりたいことなんだな」と気付きました。

今日はそんなお話です。

僕のやりたいこと

先日田舎で暮らしたいな〜という思考(脳内)をそのまま脚色せずに記事を書きました。

最近やけに田舎いいな〜いきたいな〜住みたいな〜モードなのですが、3年前のやりたいことリストにも「田舎に住みたい」って書いてありました。最近に始まったことではなく、3年前にも思っていたことでした。

もちろん3年前にやりたかったことで、今は興味ないものはあります。

だけど、日本を回りたいということや、地方に住むという夢は叶えられていません。

あとはテニスを復活させるだったり、温泉に入りまくりたいという『やりたい』も、最近ずっとやりたいと思っているし、3年前も思っていた。

まるで自分の記事がタイムカプセルのような役割を果たしてくれたわけですが、結局今やりたいことの多くは将来もやりたいことである可能性が高いわけです。

やりたいことリストの重要性に3年経って気付きました。今やりたいことは今すぐにでもやらないとダメ!

やりたいことリストの目的

ところで、やりたいことリストをあなたは作ったことありますか?僕も3年前に疑心暗鬼ながらも書いてみたのですが、結構叶うんですよね。

やりたいことを叶えるために一番必要なのは『とにかく行動すること』なのですが、その行動を後押ししてくれるのがやりたいことリストです。

紙に書いて定期的に見返すことで潜在意識に刷り込まれて、「このやりたかったことを叶える為には何をしたらいいんだろう??」と勝手に情報を探すようになります。それによって”小さな一歩”という行動をするためのきっかけを手にできるようになる。

ご存知の方も多いですがカラーバス効果って言います。「赤いものを探してください」と言われて街中を歩いたら、町中赤いものに囲まれているように感じることを言います。

やりたいことリストは心理学の観点からも良いんですね。無意識に刷り込ませる(潜在意識)というのは結局のところ無意識下でカラーバス効果を発揮する為に行っているのだと思います。

自分のやりたいことを自分自身で隠さないこと

やりたいことはすぐに実行すること。僕も気づけばあっという間に3年という貴重な時間が過ぎてしまった。無駄な日々を過ごしたとは思っていないが、もっと本気になれたんじゃないかと思っています。

だからやりたいことに目を背けずにちゃんとやる。自分を幸せにするのは自分だけだから。

それと、やりたいことがわからないという話はよくありますが、やりたいことでお金を稼ごうとするからわからなくなっているだけな気がします。また、自分自身では本当はわかっているんだけど、周りの目を気にしてやれていないだけ。

やることを紙に書き出し明確化し、今日からやれることを小さく始める。僕も小さくやりたかったことの実現に向けて動き始めます。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA