読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I am うるぞー

コードの書ける恋愛スペシャリスト

まだ就活で消耗しているの?ラクして就活するスカウト型サービス3選

f:id:uruoikun:20170312010320p:plain
どうも、うるぞーです。

僕は現在大学4年の大学生です。 ちょうど一年前は就活をしていましたが、他の人よりもラクして都内上場企業の内定を手にすることが出来ました!

現在大学3年で就活まっしぐらの皆さん、リクナビ使って真正面から企業と向き合わずに「ラクして楽しく就活しませんか?」

エントリーシートを書かずに行った就活

僕は就活でエントリーシートを一枚も書きませんでした。
正確には手書きでエントリーシートを書かずに就活してました。

例えば、何度もエントリーシートを書くのがめんどくさいので、動画で自己PRしてyoutubeに載せてURLを企業に送ったり。(笑)
そんなふざけた就活でも内定をとることができました。

リクナビとかマイナビは多くの人が利用しているので競争率が多いし、せっかくの「僕」という個性が埋もれてしまいます。

なので僕はリクナビ・マイナビを一回も使わずに、正規ルートではなく違うルートで就活を行いました。

僕がオススメするサービス3つ

僕が就活するときにオススメするサービスは3つあります。

それぞれ紹介していきましょう!

ニクリーチ

f:id:uruoikun:20170311174627p:plain

最近有名になってきている『ニクリーチ』。

その名の通り、肉を食べながら就活するという、お腹も心も満たされる神のようなサービスです。
会員登録してプロフィールを入力しておくと、興味を持ってくれた企業から連絡が来て焼肉をご馳走してくれます。

僕は数社から連絡が来て、人事の方と一緒に焼肉を食べましたが昼代が浮いて本当に助かりました。(笑)

もちろん就活の一環なので採用に繋がります。
焼肉を食べながら話すので、お互いフランクな感じで質問し合えます。

タダで焼肉を食べて就活したい人は必ず登録してください!

OfferBox

f:id:uruoikun:20170311173801p:plain

僕が就活していて一番お世話になったサービスは『OfferBox』。

自分のプロフィールを記入しておくと、企業からメッセージが来る、逆求人型の就職活動サービスです。

要は「僕(私)はこういうことをやってきました、こういうことが得意です。興味あったら連絡してね!」とアピールするだけ。

一度プロフィールさえ記入してしまえば、あとは連絡を待つだけです。
僕はこのサービスで40社ほどからオファーがきました。プロフィールを書いただけで。

その中から興味のある企業だけ話を聞きに行って、採用選考にはいっていきました。

就職活動はどうしても就活生よりも企業の方が上の立場として見られてしまいます。

「入社させてください」と下から出るのも意味がわからないので、こちらが企業を選ぶ就職活動スタイルの方がいいと思うんです。

入社するということはその会社の成長のために多くの時間を捧げるということですから、関係は対等ですよね。
だから僕はこのスタイルの就活がぴったりでした。

それに、こちらから企業を振り向かせるのはめんどくさいです。(笑)
ラクして就活したい人・とりあえずオファーもらって快感を得たい人におすすめです!

サポーターズ

f:id:uruoikun:20170312000817p:plain

就活にかかる費用を企業がサポートしてくれるサービス『サポーターズ』。
就職活動って何かとお金がかかりますよね。
企業まで行くのにかかる交通費であったり、説明会の合間の時間つぶしのカフェだったり、色々とお金がかかるものです。

サポーターズは企業から交通費などのお金を支援してもらえるサービスです。

f:id:uruoikun:20170312000820p:plain

地方の人で東京へ就活に来る人は交通費がバカになりませんよね。
サポーターズを使うことによって、負担をいくらか減らすことができます。

f:id:uruoikun:20170312000826p:plain

それ以外にも、人気のIT企業と繋がれたり、オリジナルのイベントに参加することができます。
自分から人気IT企業とのコネクションを作るのは大変ですが、サポーターズ経由で話をする機会を手に入れることができれば楽チンですよね。

お金をもらえてコネもできるサポーターズを使わない手はありません。

【まとめ】スカウト型就活サービスで冷静に企業を判断しよう

先にも書きましたが、就活は学生と企業のマッチングができて初めて内定が出ます。
スカウト型の方が冷静に企業を判断することができるし、効率も良いです。
「あ、僕(私)って企業から求められている人材なんだ!」とモチベーションを高めてくれます。

就活に消耗している人は是非3つのサービスを使ってみてください!