I am うるぞー

エンジニアがラクして稼ぐ方法

そろそろ自己啓発本にすがる人生はもうやめよう

f:id:uruoikun:20170521145651j:plain

どうも、最近読書が趣味のうるぞーです。

あなたは自己啓発本、好きですか?
今まで何冊の自己啓発本を読んできましたか?
自己啓発本を読んで、何か変われましたか?

僕は昔から自己啓発本を読んできましたが、最近では

もう読むのやめよう

と思うようになりました。

自己啓発にすがっているあなたに是非この記事を読んでもらい、自己啓発本にすがる人生をやめてもらえれば幸いです。

自己啓発本を読む心理

自己啓発本ってタイトルがかなりキャッチーなものが多いですよね。
「お金持ちになるためのマインド」とか、「絶対成功するための習慣」とか、そういうのって人間読みたくなるものです。

僕も一時期かなり自己啓発本にはまっていて、読みあさっていました。
読むとなんとなくワクワクしてきて、力がみなぎってくるような気がするんですよ。

よっしゃ!なんかいける気がするぞ!これで僕も金持ちだ!

なんて思えたりするので、自己啓発本って不思議です。

人間誰しもお金持ちになりたいと思うし、楽しい仕事をしたいと思うし、成功したいと思っています。

お金はいらないよ

という人もいますが、お金はパワーです。
ないと暮らしていけません。

少なくとも自己啓発本を読んでいるあなたは、夢を実現するための方法が知りたいんだと思います。

でも大半の人が自己啓発本を読んでも昔の自分と変わっていないはずです。
その理由はわかりますか?

自己啓発本を読んでも変われない理由

僕はあるときから気付いたんです。

自己啓発本を読んだだけじゃ何も変わらない

と。

これって当たり前ですよね。
当たり前のこと言うな!ってツッコミが飛んできそうで恐縮です。
本を読んだからといって明日からの生活が変わるわけではない。

でもそんなことみんなわかりきっているはずなのに、あなたは自己啓発本ばかり読んでいるんですよ。
なぜでしょう?

どの本に関してもそうですが、本で得られるものは知識だけです。
つまり知識をインプットし、本を読んだことをきちんと理解した上で『行動』しないといけないんです。
だけどほとんどの人が本を読むことに満足をしてしまって『行動』しない。

そしてしばらくするとまた変わらない自分の現状にモヤモヤしてきて、

あの自己啓発本じゃ変われなかった。新しい自己啓発本を読もう!

と、新しい自己啓発本を読んでエネルギッシュになり・・・という繰り返しをしているんです。

つまり、自己啓発本ばかり読んでいる人=行動していない人と同意だなと。
自分のやるべきことがわかっている人は自己啓発本ではなくて技術書や専門書を読んで行動に移していますからね。

だからいつも自己啓発本を持ち歩いて読んでいる人って、『最近自分を変えようと思って自己啓発本を読み始めた人』か、『必死に自己啓発にすがっている人』だと思うのです。
基本的には後者なんですけど。

意識高い系の大学生も自己啓発本を何冊も読んでいる気がします。
昔の僕も必死に読んでいましたね。 まぁ大学生なのでいいとは思いますが、結局はそこから行動できる人が学生時代から目立っているわけです。

自己啓発本の本質

f:id:uruoikun:20170521145459j:plain

もちろん自己啓発本に書かれているノウハウを身につけた方がいいと思います。
だから一冊も読むな、といっているわけではありません。

ただ、何冊も読んで、ある程度のラインにきたら自然と気付くはずです。

あ、これ前にも見たことあるな

と。

だいたいどの本にも書かれていることは同じです。
『早起きしろ』だとか、『人に感謝しろ』だとか、『行動しよう』とか、『メンターを見つけろ』とか。
そんなことしか書いていないんです。

過去に出版されている多くの自己啓発はこのことしか書いてないし、今後出版される自己啓発本にも同じことしか書かれていないでしょう。
ニュアンスを変えて書いてあるだけで本質は一緒なんですよ。

だから本当だったらしっかり書かれた自己啓発本を1冊読むだけで十分。
それを自分のものにして、自己啓発本に書かれたことを頭の片隅においておきながら行動していれば結果はおのずと出てくるはず。

あることを意識して気をつけるだけで、自己啓発本の無限ループから抜け出すことができます。

自己啓発本ループから抜け出す方法

自己啓発本を読みまくってしまう『ループ』から抜け出す方法は、本に書かれていることを紙に書き出してみることです。

書き出すことで、読むだけのときよりも自分の中に知識が入って理解が深まるし、自分だけの立派な自己啓発メモになります。

そしてその紙に書かれたものを常に持っておいて、もし新たに自己啓発本を読みたくなったら、まず目次とその紙を照らし合わせてみてください。

面白いことに、ほとんど一致しているのがわかります。
その目次に乗っていない項目があればサッと読んでみて、知らなかった知識で役に立つと思えば追加で紙に書き出してみたり、購入してしっかり読んでみるといいと思います。

それを繰り返しやっていると、ほとんどの知識が体得できるので自己啓発本を読む時間を圧倒的に減らすことができます。

自己啓発本に書かれていることがほとんど同じということに気がついたときに初めて、自分が自己啓発本にすがっていたことを自覚できるはずです。

自己啓発本に時間を使うことをやめて、自分がやりたいことを実行していきましょう。
すると「こんなスキルが足りない」「これってどうやってやるんだろう」と具体的に疑問が出てきます。
それを解決するために技術書や専門書を読むことで、さらなるステップアップができるようになります。

f:id:uruoikun:20170521145008j:plain

この繰り返しこそが結果を出すために必要なルーティーンであり、唯一の成功の方法です。
行動しないことには成功は生まれませんからね!

ちなみによく言われるPDCAサイクルですが、これって自己啓発本を読み込んだ人には向いてないと思っています。
自己啓発本を読み込んだ人ってなかなか行動しないので、プランを立てようとすると「これはダメだ」「なんか行動する気にならない」と知識が邪魔して行動に移せなくなります。
少なくとも僕はそうでした。

なので、まずは行動をすること。

  • 例えばプログラミングを習得したいならとりあえず勉強してみる。
  • ブログを始めて1記事書いてみる。
  • デザイナーになるために絵を描いてみる

重い腰を上げることから始めてみてください。

【まとめ】自己啓発本を閉じて、小さな行動から始めよう

こんなに偉そうに語っている僕も、昔は自己啓発本大好き人間だったのでずーっと読みふけっていました。
だけど読んでも読んでも変わらないので行動しよう!と思ってからは読まなくなりましたね。
読んでも1冊10分程度です。

自己啓発に踊らされている生活をやめましょう。
そして小さなアクションから始めてみてください。

昨日の自分がしていなかった『行動』をするだけで、昨日よりも一歩前進ですから。