I am うるぞー

エンジニアが楽しくラクして稼ぐ方法

僕は人生を知るために頑固なオヤジと話す

f:id:uruoikun:20170514155131j:plain

どうも、今年で23歳のうるぞーです。
僕と同年代のあなた、自分の将来のプランを明確に見れていますか?

将来に迷いがある人はぜひ、経験のある頑固オヤジと話すことをおすすめします。

頑固オヤジは人生をわかっている

僕は胸を張って

今年の目標月収は100万です!

とか、

北欧に住んで北欧のコーヒーやカフェ空間を学んで日本に持ち帰りたいんです!

と普段から言っています。

大抵の人は「バカな人だな」というように薄く笑ってこういうんです。

あぁ、そうですか。頑張ってください

でも頑固なオヤジ(おじいちゃん)は違うんです。

いいですね!話を聞かせてください

頑固なオヤジはこだわりのある人生を生き抜いてきた、いわば僕の尊敬する生き方をしています。

夢を共感し、応援してくれるのが頑固オヤジです。

頑固オヤジは良くも悪くも素直

僕はバーやカフェ(個人店)が好きなので、よく一人で行っています。
東京に住んでいたときは一人でバーにいってマスター(オーナー)と話をしていました。

バーやカフェの楽しみは食事やお酒はもちろんのこと、オーナーと話すのも楽しみの一つです。
お酒やコーヒーについて話したり、仕事の話や悩みを聞いてもらえるんです。

特にご年配のおじいちゃん、頑固なオヤジがいるようなお店だと、より面白いんです。
豊富な知識を持っていて、様々な経験をしていることが多いし、何より自分が独立しているので起業についての話もできるんです。

実はこういう事業を考えていまして・・・

それは素晴らしいですね。私だったら使いたいと思います

って意見をくれるんです。
全部よいしょするわけではなくて、ダメなところはダメ!と言ってくれます。

これってどう思いますか?

うーん、それは難しいような気がしますねぇ

最近はこれが流行っているので、こうした方がいいんじゃないでしょうか?

自分が考えていることを素直に言ってくれるのが頑固オヤジの特徴です。

こだわりを持っているからこそ、自分の思いは曲げない。だから頑固に思われる。
でも実際に誠意をもって話してみるとその思いを知ることができるし、自分に正直でカッコいい人生を歩んできたんだなとわかるんです。

頑固オヤジにネガティブな印象を持っている人が多いですが、頑固オヤジこそ自分にプライドを持って夢を追いかけているんです。

福岡は頑固オヤジが多い

福岡に来てまだ1ヶ月ちょっとしか経っていませんが、福岡には頑固オヤジが多いなぁと感じます。
だけど福岡という人柄もあって、話すと仲良くなりやすいですね。

一応断りを入れておくと、ネガティブな意味で頑固オヤジという言葉を使っているわけではないです。

ケース1. コーヒー豆のお店

最近福岡に引っ越してから行っているコーヒー豆を売っているお店があります。
僕はハンドドリップでコーヒーを飲むのが好きなのでコーヒー屋さんで豆を買って挽いたものを飲んでいますが、やっぱり店主は頑固オヤジでこだわりが強いです。

お店のこだわりってなんですか?

いろいろな味や香りのする豆を用意して来てくれる全てのお客さんに満足してもらうことですね

と言われたときには惚れましたね。文字通り。

利益率を高めるだけであれば、手間をかけずに売れるコーヒーだけを出せばいいのですが、そんなことはしません。
利益率は考えずに、自分が提供したい豆を提供しています。

そして何より、コーヒーについて話している時の店主は輝いているんです。

コーヒー以外にも自分の思いを貫く大切さや、好きなことを仕事にすることの大切さを教えてくれました。

人は口で語られるだけではなく、その背中を見て生き方を知る方が心に響くなと思いましたね。

ケース2. 喫茶店のおじいちゃん

また、最近行った喫茶店を経営しているおじいちゃんは企業に40年勤めて、退社したのをきっかけに喫茶店を始めたそうです。
珍しい浅煎りのコーヒーを提供してくれて、手作りの美味しいマフィンを出していてこだわりが強いんです。
その方の生き方も面白いんですよ。

もともとバーチャルカフェをずっとやっていて、ブログやSNSで発信をしているそうです。
正直、おじいちゃんでもブログをやったりSNSで活動を発信するんだとビックリしました。
歳だからインターネットは無理、と成長を止めることなく挑戦する姿勢に感激です。

インターネットで情報を発信していく際にも、自分が本当におすすめできるものしか紹介しないというポリシーがあって、本当に美味しいものだけを紹介しているそうです。
お金を稼ぐことを考えるのではなく、本当に喜んでもらえるものを紹介するというポリシーを貫けているのは頑固オヤジの特徴だと思います。

また、僕がフリーランスということもあり、たいていの人は「家で仕事をしている」と聞いたら驚くんです。怪しい感じでも見られます。
ですがこのおじいちゃんは「素敵な働き方ですね、コーヒーをじっくり楽しめる」とユーモアを込めて受け入れてくれました。

人間の懐が深いというのももちろんありますが、自分に頑固だからこそ他人の生き方を受けいれられるんだと気づきました。

時代は違うけれど、僕は頑固オヤジの生き方を尊敬し自分もそうなるべく、定期的に通って話をするようにしています。

【まとめ】商店の経営者の想いを知ることで大切なものが見えてくる

僕は大企業・中小企業という枠組みで判断し、中小企業を見下している風潮が嫌いで仕方ありません。
企業の規模は考えずに、経営者の想いを感じてほしいと思っています。
大企業で働いている人よりも想いを込めて仕事をしていますから。

自分のやりたいことがわからない人こそ、小さなお店を経営している頑固オヤジと話してみてください。

小さなお店をやっているからこそ、自分の大切にしているものがあるし、お客さんを喜ばせるために一生懸命考えて実行しているんです。
僕もこのブログを通じて、たくさんの人に読まれなくても悩みを抱えている人のためになる記事を書いていきたいし、新しいことを始めたときにはブログを通じて応援していきたいと思います。

自分の人生に迷いが生じている人のきっかけになれば幸いです。