I am うるぞー

エンジニアがラクして稼ぐ方法

エンジニアとプログラマーの違いは?現役エンジニアが解説

f:id:uruoikun:20170522170051p:plain

どうも、現役フリーランスエンジニアのうるぞーです。

最近プログラミングを勉強したい人が増えていますが、あなたは『エンジニア』と『プログラマー』の違いを知っていますか?
IT業界に詳しくない人はよくわからない人も多いのではないでしょうか。

なんとなくエンジニアとプログラマーという言葉を使っている人も多いはず。
だけどみんながなりたいのは「プログラマー」ではなく「エンジニア」らしいのですよね。

実際、エンジニアの仕事ではなくプログラマーとして仕事をしたいからと、会社をやめて転職する人もいるくらいです。

なのでIT業界で仕事をしたいと思っている人は2つの違いについてよく理解した上で仕事を探す必要があります。

今回は「エンジニア」と「プログラマー」の違いについて書いていきます。

定義の違い

よくエンジニアとプログラマーの違いはよくこのように表現されます。

プログラマー・・・大工
エンジニア・・・建築士

これは非常にわかりやすい例です。
プログラマーのことを最近ではコーダーと表現することも増えてきました。

プログラマーもエンジニアも、どちらも家(システム)作りには欠かせない存在です。
上流工程と下流工程といった表現をしますが、

仕事内容の違い

先ほど紹介した定義の違いでも述べた通り、プログラマーは「大工」なのでプログラミングのコードを書くのが仕事です。
「このような機能を作る」「こういうときはどうする」等の仕様書に基づいてプログラミングをしていきます。

エンジニアは仕様書を作ったり外部の人と打ち合わせをしたりと、システムを作る際に必要なことを全て網羅する必要があります。

具体的にはこのようになります。


  • 要件定義
    • 要求分析 (SE)
    • 要件定義 (SE)
  • 設計
    • 基本設計 (SE)
    • 詳細設計 (SE)
  • 実装
    • プログラミング (PG)
  • 評価
    • 単体テスト (PG)
    • 結合テスト (PG)
    • システムテスト (SE)
    • 運用テスト (SE)
  • 稼働

これを見てもわかる通り、エンジニア(SE)が関わる部分がかなり多いことがわかるかと思います。
プログラマーがやる部分は実装とテストの一部のみ、というのが基本的です。

「コードを書きたくてエンジニアになったのに、コードを書くこと以外の仕事ばかりで嫌だ!」と、コードの書ける会社に転職する人も少なくありません。

エンジニアという言葉に惹かれて入社したら、コードをほとんど書けなかったということもあるのできちんと調べて会社を選ぶ必要があります。

プログラマーからエンジニアへのステップアップ

もともと「プログラマー」と「システムエンジニア」の枠が異なっている会社もあるかと思いますが、基本的にはみんなプログラマーを経験します。

実際に自分がプログラムを書いてシステムを作るわけですね。
一度経験しておかないと「この機能は実現できるのか」「どのくらいの時間がかかるのか」がわからないので、コードの書けないエンジニアはいないと思います。

僕は今までコードの書けないエンジニアに出会ったことはないですね。

会社によってはエンジニアとプログラマーの仕事を両方こなしている人もいるようです。
少人数の会社だったりベンチャーで受託をしているような企業だとそのような体制が多いんじゃないかなと思います。

年収の違い

プログラマーとエンジニアの年収は違います。
想像がつくかもしれませんが、エンジニアの方が年収は高いです。

一般的にプログラマーは年収400万、エンジニアは年収550と言われています。
約150万円も年収に差が出るのは、やはりこなす業務の幅が違うということが要因です。

そのためプログラマーとして経験を積んで、エンジニアとして昇進し、キャリアと年収を上げていくのが多いのがIT業界の一般的な考え方です。

フリーランスエンジニアの仕事は?

フリーランスエンジニアになりたい人は「自分がどっちの仕事をするのか」を知りたいのではないかと思います。
前職でエンジニアやプログラマーの経験があればそのままの延長線として仕事をしていくことも可能です。

フリーランスエンジニアといってもいろいろな業務形態があります。
企業に常駐しながら開発を行う業務形態、例えばギークスジョブ レバテックフリーランス で掲載されているような企業で働くものもあれば、CODEALに掲載されているようなリモートワーク中心の案件もあります。

それぞれの掲載案件によってどのような仕事をするかは変わりますが、ほとんどがコーディングがメインになっていると感じます。
コードをかけて、関連技術までわかっている人は重宝されるので仕事の幅も広がります。

ちなみに僕もフリーランスエンジニアですが、上流工程から下流工程まで一貫してやっています。
上流工程の前、事業のコンサルティングから入って上流工程に移ることもありますね。
フリーランスは自分で仕事の幅を決めることができるので、楽しいですよ。

割合としては『エンジニア6:プログラマー4』くらいで働いています。
コードも書きたいし、仕様にも携わりたい人にフリーランスエンジニアはおすすめだと思います。

【まとめ】どちらの比重を多くしたいかを考えよう

エンジニアとプログラマーの違いはわかっていただけたかと思います。
実際にコードを書いていくと、自分はコードを書くのが好きなのか、それとも全体を見て仕様を決めて設計を考えるのが好きなのかがわかってきます。

僕はコードよりもビジネスサイドを含めて考える方が好きなので、そちらにも今後力を入れていきたいなと思っています。
といってもコードを書くのも好きなので今は自分でガンガン書いていますけど、本当は誰かにお願いした方がいいんでしょうね・・・(笑)

『エンジニア』『プログラマー』は似ているようで違います。
自分が何をしたいのかを明確にして、仕事を選択してみてください。