I am うるぞー

エンジニアが楽しくラクして稼ぐ方法

元コーヒー店員がおすすめするコーヒーメディア!これを見ておけば間違いない

f:id:uruoikun:20170520180625j:plain

どうも、元コーヒー店員のうるぞーです。

僕は大学生のときにカフェでバイトするのに憧れてタリーズコーヒーでアルバイトをしていました。
もともとコーヒーはよく飲んでいたのですが、特別好きではありませんでした。
しかしタリーズでアルバイトをしてからコーヒーの面白さにハマってしまい、今ではきちんとしたコーヒー屋さんで豆を買ってひいてもらい、ハンドドリップで飲むようにまでなりました。

今回は

コーヒーに詳しくなりたい!

という人に向けて、これを見ておけば大丈夫!というメディアを3つご紹介していきます。

coffeemeccaを見れば知識は完璧

f:id:uruoikun:20170520181141p:plain

coffeemeccaはコーヒーに関するさまざまなことが書かれているメディアです。
Googleで検索すると一番上に表示されているくらい有名ですね。

コーヒーの淹れ方はもちろん、コーヒーの選び方やコンビニコーヒーに関することまで幅広く書かれています。
コーヒーの知識をつけたい人はこのメディアをみると良いでしょう。

個人的に応援しているのはHack Coffee Beans

f:id:uruoikun:20170520181211p:plain

Hack Coffee Beansも同じくコーヒーメディアです。

コーヒーに関する基本的な知識は先ほどご紹介したcoffeemeccaを見れば手に入るのですが、僕はこのメディアを応援しています。
というのも、書いているライターさんが魅力的なんですよね。

僕がコーヒーに興味を持ったきっかけは大学生の頃でした。

田舎から上京してきて右も左も分からなかった僕は、とりあえずおしゃれなオーラをかもし出しているスタバでアルバイトを始めたのがきっかけです。

どうせなら美人がたくさんいる街で働こうと思い、東京の街をひたすら歩き回った結果、表参道の美人率がとても高かったので、表参道のスタバで4年間働きました。

その後、政府系の銀行やベンチャーキャピタルなどで働くものの、なんとなく辞めて、この世の地獄というユニークなあだ名を持つアメリカのデトロイトという街で遊びほうけていました。

その後シリコンバレー/サンフランシスコに移って働き始めたのですが、ひょんなことからブルーボトルコーヒーのCEOであるジェームス・フリーマンに出会い、再びコーヒーに目覚めました。

海外に住んでいたからこそ日本とアメリカの間にあるコーヒー業界の大きなギャップを感じ、ITとコーヒーを組み合わせて何かできないかと模索中です。

現在はプログラマーとして働くかたわら、コーヒー豆をハッキングするという当メディアの運営を行っています。

引用: http://hackcoffeebeans.com/writer/

めっちゃ面白くないですか?
僕こういう人のこと無性に応援したくなっちゃう性格でして(笑)

しかも僕と同じくプログラミングで仕事をしていてコーヒーが好きということで共通点も多いなぁと。

メディアもデザインだったりとかが可愛くてついつい読んでしまうんですよね。
僕は全力でHack Coffee Beansを応援しています!(ステマじゃないですよ)

あと、僕と同い年で福岡出身、現在は横浜に住んでいるカズくん(@N0C0ffeeN0life)が取材されているんですよ!

f:id:uruoikun:20170520181242p:plain

▶︎記事はこちら

彼は本当にすごいですよね、クラウドファンディングで資金調達をしていて、日本を巡って大好きなコーヒーを淹れているんですから。

コーヒーが好きな人はぜひカズくんのツイッターをフォローしてみてください!
まだ会ったことないので是非とも会いたいなぁと思っています。

【まとめ】たかがコーヒー、されどコーヒー

カフェでせかせかとコーヒーを飲んで帰ってしまう人って多いなと思うのですが、コーヒーは本来もっと楽しむものだと思うのです。

タリーズでは実は日替わりでコーヒーの豆を変えているのをご存知ですか?
多分スタバでも変えていると思います。

酸味が強かったり苦味が強かったりと、いろいろなコーヒーがあるわけです。
何気なくカフェでコーヒーを飲むときに「あ、これ好きだ!」というコーヒーにきっと出会えるはずです。

ただカフェで過ごすだけではなく、コーヒーを楽しむためにカフェに行く人が増えたらいいなと思っています。

あ、コーヒーの知識ある人はモテますからね!
モテたい人はメディア要チェックですよ!