I am うるぞー

コードの書ける恋愛スペシャリスト

『起業1年目の教科書』のレビュー!これを読めば起業が怖くなくなる

f:id:uruoikun:20161205221453j:plain

 
どうも、起業経験者のうるぞーです。
 
 
この記事を読んでくれているあなたはきっと
 
 
『起業したい!だけど色々と不安で中々一歩踏み出せなくて・・・』
 
 
と思っているに違いない。
もしくは今起業しているけど
 
 
『起業したはいいけど、失敗ばかりで心が折れそうだ・・・』
 
 
という人もいるかもしれない。
 
 
今日はそんな人に向けてオススメの本を紹介します。
僕はこの本を読んで、今の自分がいると思っている。
本に背中を押してもらえなかったら、行動できずにいただろう。
 
 

 

何で不安なんだろう? 

 
なぜ『起業』しようとすると不安になってしまうのでしょうか。
 
  • 周りの起業家が凄く見えて、自分とは天と地の差があるように感じるからか?
  • 起業して失敗したら就職できないからか?プライドが邪魔するから?
  • 借金を抱えて倒産している人がいるから?
 
どれも不安になる理由です。
それとも、
 
  • 起業はしたいけど夢がないから...
  • スキルがまだまだ未熟だから...
  • 家族、恋人が反対しているし...
  • ...
 
という理由もあると思います。
 
不安をあげたらキリがありませんよね。
僕もそうでした。
不安を一言カードに書いていって、壁に貼っていくとしたら全部埋まってしまうんじゃないかってくらい不安がありました。
 
ちなみに上にあげた例は僕が当時抱えていた悩みです。(今もありますが)
この悩みたちが、僕の前進を止めていました
 
 

みんな少なからず不安だよ、大丈夫。

 
 
僕の周りの起業家たちは自信満々で、イキイキとしていて不安がないように見えました。
 
「みんな不安ないのかな。僕だけ不安に怯えているのか、くそっ…」と悔しい思いをたくさんしました。
 
だけどいろんな人と会っていくうちに、気づいたんです。
みんな言わないだけで、たくさんの不安を抱えています。
不安だからこそ、笑っていたり元気に振る舞って乗り越えていました。
 
 
人は誰しも、やったことがないことをするときは不安です。
でもこの不安のおかげで人は成長することができます。
 
 
もし、不安のない日々ばかりだったらどうなるか。
 
 
「テストで赤点とったら留年だ、どうしよう」
→勉強しなくちゃ
 
「就活しないと来年から生活できない」
→就活しなきゃ
 
「会社だるいけど、行かないと生活できない」
→会社行かなきゃ
 
 
これらのことは普段当たり前にやっているけど、背後には少なからず不安があるから行動しています。
この不安を対処する行動を習慣化してしまえば、不安は無くなりますが成長はありませんよね。
 
 
新しいことをするときに生じる不安に立ち向かわなければ成長はないし、現状のままの人生で終わってしまう。
 
 
 

そんなあなたにオススメしたい『起業1年目の教科書』

 
 
「自分を変えたい、起業したい!でもそうは言っても不安だよ・・」
 
 
そんなあなたにオススメしたいのは『起業1年目の教科書』です。
 
 
 
 
 
 
表紙に書いてある「1年目から無理なく年収1000万円稼ぐ」に惹かれて購入しましたが、それ以上に不安に立ち向かう勇気をくれる本です
 
起業を思いついた時から、起業してからの営業やマーケティング、時間の使い方やチャンスを生かす方法が書かれており、「こういう時どうすればいいんだろう・・・」という悩みを解決してくれます。
 
この本の著者の今井さんという方はきっとお優しい方なのでしょう、文章がとても優しいのです。
「大丈夫です。心配しないでください」という言葉が本当に心に染みました。
僕のようにメンタルの弱い、すぐ凹んで不安で押しつぶされそうな僕に救いの手を何度も差し伸べてくれました。
 
 
僕は自分が不安で押し潰れそうになった時、挫折して逃げ出しそうになったときにこの本を見返しています。
興奮して力が入りながら読んだこともあり、今では本がボロボロです...(笑)
 
 
それくらい、僕を救ってくれた本でした。