I am うるぞー

コードの書ける恋愛スペシャリスト

【2017年度】プログラミング言語ランキングベスト15を解説します!

f:id:uruoikun:20161204234046j:plain

 
 
どうも、Webエンジニアのうるぞーです。
 
 
これからプログラミングを勉強しようと思っているんだけど、どの言語を勉強しよう?
と迷っているそこのあなた!あなたですよ!
 
 
今回はシリコンバレーで発表された、学んでおいた方がいいプログラミング言語ランキングをご紹介します!
 
 

 

2017年に学ぶべき年収の高いプログラミング言語ランキングベスト15

 
 
こちらから引用させていただいています。

 

http://news.mynavi.jp/news/2016/11/30/101/

 

  1. Verilog

  2. Scala

  3. Scheme

  4. Objective-C

  5. R

  6. Perl

  7. Go

  8. Python

  9. C++

  10. C

  11. Ruby

  12. LaTeX

  13. Java

  14. MATLAB

  15. Flex

 

 

上から順に学んだ方が良いプログラミング言語ランキングとなっています。

初めての方はよくわからないと思うので、簡単に解説していきます!(私的な意見と感想も入っています。ご了承ください)

 

 

1位 Verilog

お恥ずかしながら、Verilogという言語は初めて聞きました。

どうやら電子回路システムのモデリングに使われるハードウェア記述言語だそうです。

仕事柄かもしれませんが、日本でVerilogのエンジニアにはまだお会いしたないですね。

 

 

2位 Scala

Scalaはちょくちょく聞くんですけど、何ができるのかよくわかっていません・・・(汗)

サイバーエージェントのアドテクではScalaが使われているそうです。

学習コストが低く、書いていて楽しいらしいので、ニッチなスキマを狙ったエンジニアになれるかもしれません。

 

 

3位 Scheme

こちらもちょくちょく聞くのですが、よくわかっておりません・・・。

調べてみると、LISP(プログラミングの古株)に近い言語で、人工知能や科学計算に優れているそうです。

人工知能系の企業やビッグデータ解析をする会社で使われているのかな。

 

 

4位 Objective-C

Objective-CはiPhoneアプリを作る際に使用する言語ですね。

今ではより簡潔に書けるようになったSwiftがメジャーだと思っていたのですが、人気高いみたいです。

なんでなんだろ。

人気があると思っていたSwiftはランクインならず。

*念のため。SwiftはMacでXcodeというソフトを使って動かすので、Macない人はできません。

 

 

5位 R

ビッグデータ解析という言葉が流行り、合わせてよく聞くようになったR言語。

統計解析をするのに適していて、ベクトル処理言語らしいです。

データアナリストになりたい人がこの言語身につけておくと強そう。

 

 

6位 Perl

強力な文字列処理ができるPerl。正規表現をサポートしていますね。

スクリプト言語の中でも高い処理速度なので人気があるようです。

名前が宝石なんで可愛らしい印象でしたが、ちょっと固そうな言語なイメージ。

 

 

7位 Go

Go言語はGoogleが作ったプログラミング言語です。

多人数で長期間開発されることを想定しているらしく、誰が書いても同じような表記になるんだとか。

pairsを運営している株式会社エウレカでは、サーバーサイドをGo言語に切り替えたとのことで、日本にも少しずつ浸透しているんだなぁという印象を受けた記憶があります。

 

 

8位 Python

Pythonは初心者にも学びやすいと評判のプログラミング言語です。

人工知能やデータ解析あたりでよく使われるようになり、最近日本でも浸透してきました。

僕も実際勉強し始めましたが、書きやすいです。

 

 

9位 C++

日本ではよくシープラプラと呼ばれています。

書き方に癖があって、個人的に苦手な言語です。

コンシューマーゲームとかによく使われているそうです。

 

 

10位 C

理系の学部の人なら触ったことがある人も多いC言語。

よく「C言語をやってみたのですが挫折しました」という声を聞くことも多いです。

僕も大学のゼミでC言語を使って画像処理をしてみたことがありますが、あまり触りたくないなぁ、という感じです。(笑)

 

 

11位 Ruby

僕の大好きなRubyは11位。

初心者でも簡単に習得しやすいプログラミング言語です。

フレームワークのRailsと組み合わせて使うことが多く、スタートアップ企業などでWebサービスを開発するときに使われることが多いです。

Rubyを学べるプログラミングスクール一覧はこちら。

▶︎プログラミングスクールのランキングTOP3!現役エンジニアがおすすめするプログラミングスクールまとめ【保存版】 - I am うるぞー

 

12位 LaTeX

もっともよくわからないものがランクインしてきました。

LaTeXってよく論文だったりレポートを書くときに使用される言語だと思うのですが、それ以外に使い道あるの?

論文を代わりに書いてもらう人の需要が高くなっているとか・・?(笑)

 

 

13位 Java

やっぱりランクインしてきました、Java。

僕は大学1年の時から約3年間みっちり授業で勉強してきました。

良くも悪くも、思い出がたくさんあります。ちょっと難しいけど、Androidアプリ開発ができたりする言語です。

 

ここのスクールで『無料で』勉強することができますよ。 

▶︎無料のプログラミングスクールで未経験でも年収600万以上を目指せる - I am うるぞー

 

  

14位 MATLAB

MATLABってプログラミング言語なの?と疑問に思いましたが、ランクイン。

統計解析などをやってくれるアプリケーションで、僕も大学の研究でよく使っています。データを読み込ませて一行書くだけで答えを弾いてくれたりします。すげぇっす。

大学でしか使っていませんが、確か有料だったような・・・

 

 

15位 Flex

こちらも初めて聞きました。

調べてみると、Adobeが提供している、Flashを基盤としたWebアプリケーションを開発するためのツールおよび開発フレームワークだそうです。

(参照:http://e-words.jp/w/Apache_Flex.html

このエンジニアにも会ったことないです。

 

 

以上、簡単な解説でした。

 

 

うるぞーがオススメする、学んでおいた方がいい言語は『Ruby』と『Python』

 

 

「いろんな言語がありすぎてわからない!!」とパニックになっている、そこのあなた。

 

 
 
僕がオススメするプログラミング言語は『Ruby』『Python』です!
 
 
理由は以下の通りです。
 
  • 初心者にも学びやすい、シンプルな書き方
  • 気合い入れて勉強すれば、1ヶ月ほどで即戦力になることも
  • 給与の平均が高め
  • Webサービス作れる
  • 書いていて楽しい
  • 比較的情報が多いので、ググれば解決できることがほとんど
  • 周りに学んでいる人が多い(多いといってもエンジニア溢れしているわけではないので、ニーズはある)
  • Pythonだったら流行りの人工知能に絡んだものを自分で作れちゃう
 
JavaやCは挫折するので、簡単で理解しやすいRubyとPythonをオススメします。
大体の人が作りたいWeb系のことはRubyで出来ちゃうし、最近流行りの機械学習や人工知能はPythonで出来ちゃいます。
 
書き方とか似てるから片方習得したら、あとは楽ですよ!
  

まとめ

 
以上、ざっくりまとめでした。
 
日本はアメリカよりも少し遅れて流行がやってくるので、日本はPython,Go言語あたりが流行っていきそうだなぁと感じています。
一つ学べば他の言語の習得は簡単になるので、まずは一つの言語にトライしてみてください!
 
 
 
 *無料でプログラミングを習得できる!?*
 
無料でプログラミングを学べるスクールがあるのをご存知ですか?
これからプログラミングを効率的に勉強しようと思っている人にオススメです。
 
*プログラミングスクール比較まとめ*
 
「プログラミングスクールってたくさんありすぎてわからない!」という初心者の方に向けて書いた記事です。
現役エンジニアとしての観点を織り交ぜながら紹介しています。
 
 
*Ruby on Railsに興味がある人*
 
Ruby on Railsってなに?詳細知りたい!という人。
以下の記事に簡単に何ができるのかをまとめてあります!
 
 
*Pythonに興味がある人*
 
僕も最近Pythonを勉強し始めたのですが、試しに人工知能搭載のLINEボットを作ってみました。
どんなことができるのかはこの記事から確認できます!
 
 
*自分ってプログラミング向いてる?*
 
「自分ってプログラミング向いてるのかな?」と心配な方はこちらの記事で適性検査をしてみてください!